通信講座で勉強してネイルの資格を取得しよう

プロのテクニックを

ハンドケア

手元のさりげないおしゃれのために、ネイルアートはとても良い方法です。そんなネイルアートを仕事にしたいのならば、京都のネイルスクールに通ってみることをオススメします。優秀な講師から本格的なテクニックや知識をわかりやすく教えてもらうことができるため、将来の大きな助けになります。

もっと知ろう

ネイルの仕事

ネイルアート

女性であれば誰しもが憧れる職業の1つとしてネイリストがあります。ネイリストになるためには、ネイル専門学校に通って必要な知識や経験を身につけましょう。接客する際のコツなど、ネイル専門学校には多彩なカリキュラムがあります。

もっと知ろう

美容に必須の技術を学ぶ

化粧する女性

美容に関心を持つ男女に人気なのが、メイクを学べる専門のスクールです。様々なニーズに対応するスクールがあり、理論的・体系的な授業を行っていることが特徴です。海外研修や撮影現場の見学を取り入れているスクールもあり、メイクに欠かせない技術と感性を磨くことができます。

もっと知ろう

ネイリストを目指す

マニキュア

W資格取得も目指せる

近年、本格的で実用的な技術としてネイル検定を受験したい内容で通信講座を利用する人は増加しています。用具や用材一式付きで、届いたその日からネイルの勉強を始めることができ、サポーターとしてネイリストが添削や講評を行ってくれます。独立や開業にも携わる養成講座も展開されていたり、ジェルネイルやラインストーンなどを用いるアート技術を趣味の範囲で学ぶことも可能で、近年、アート技術を活かし、プラスαの資格取得までを付帯させる動きが話題を集めています。例えば、ネイルのみならず、類似した技術の1つにデコアーティストの資格があり、共通するデコる技術面を応用し、W資格を目指せる内容でも提案されるなど、時間に余裕が生まれる通信講座ならではの提案が話題を呼んでいます。

受験資格の有無

自宅で試験が受けられる内容でも展開されている通信講座で、ネイルについて学んだ後は試験ガイドに沿って技能検定試験を受験する必要が挙げられています。ネイリスト検定には2・3級・JNAジェルネイルなどのレベル別で展開されているため、試験時期や実施都市、受験できる資格者の有無などにも違いが生じています。事前の確認はもちろん、計画的なスケジュール管理による学びも必要となり、ロスしないためのポイントです。例えば、ネイリスト技能検定3級以上を既に取得している方の場合、ジェルネイル技能試験において実技1課題免除となることも知っておきたい内容で、タイムロスせずに学ぶポイントです。またネイルアカデミーなどと連携する通信講座も増え、全面バックアップした養成講座なども展開されているため、就職などを視野に入れる際に養成目的であるのか、重要視すべき内容です。